緑茶を美味しく淹れて楽しむヒント【お茶屋でいこう!】
茶和処 鶴粋庵

日本茶インストラクターのいる
鹿児島茶専門店

茶和処 鶴粋庵

おいしい鹿児島茶はココ!
http://www.kakusuian.jp/



プロフィール

茶和処 鶴粋庵

鹿児島茶・大分県産乾椎茸・
茶器・和雑貨など取り揃え、

佐伯の皆さまに愛されて40年。

お茶の鶴見園の直営店、
鶴粋庵のブログです。

お近くの方はぜひお店へ♪
日本茶インストラクターが
美味しいお茶をお淹れします!

大分県佐伯市長島町2-2-8
  TEL:0972-22-4361
  FAX:0972-24-2016

中の人 : nao/hama/morris



カテゴリ



♪お茶リンク♪



♪友達リンク♪



最近のコメント



FC2カウンター



携帯でもいこう!

QRコード



 



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



Where are you from?


ジオターゲティング





ためしてガッテンで特集された掛川のお茶と同じ製法の鹿児島茶

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



PR 鹿児島茶の専門店 鶴粋庵ネットショップ

にほんブログ村 グルメブログ お茶・紅茶へ にほんブログ村
↑↑↑ブログランキングに参加しています。応援クリックお願いします!

メチャ美味い♪
…今日は「芽茶」(めちゃ)の拝見でした(^^;
芽茶の拝見

とてもhama好みの味(濃厚な旨味とコク)で大満足の出来。
さっそく明日から店頭に並びますよ!!

ネットからも購入できます♪
コチラからどうぞ(^^)/



この「芽茶」、飲んだことないという方が多いかもしれませんが、
新芽や茶葉の柔らかい部分が細かく切れたものを集めたお茶で、
製茶の過程で選別される、いわゆる「出物」のひとつです。
出物には他に「粉」や「茎」がありますが、それぞれ粉茶、茎茶としてお馴染みですね。


芽茶の原料となる茶葉の新芽の部分にはお茶のエッセンスが
ギュッと詰まっているので、その味わいは特に濃厚。
湯冷まししてぬるめに淹れれば深いコクと旨味でじんわり癒され、
熱めの湯でサッと淹れれば、そこにキリッとした渋みが加わって
疲れた頭をリフレッシュ!スッキリできます。

芽茶


焼物の急須ではなく、耐熱ガラス製の急須やポットを使って、
丸まった茶葉がゆっくり開いていく様子を眺める…
そんなゆったりした時間を過ごすのにもピッタリな芽茶。

鶴粋庵の新茶から選別された芽茶は、残念ながら大量にはつくれません(>_<)
貴重でとても美味しい鶴粋庵の芽茶、一度飲んでみて下さい!

芽茶の水色


スポンサーサイト

PR 鹿児島茶の専門店 鶴粋庵ネットショップ

にほんブログ村 グルメブログ お茶・紅茶へ にほんブログ村
↑↑↑ブログランキングに参加しています。応援クリックお願いします!

テーマ:これは美味い!! - ジャンル:グルメ


朝茶は福が増す
こんにちは、最近は自転車通勤しているmorrisです。


最近、気温も上がってきて自転車通勤しています。
しかし、ここ2、3日少し寒いですがね・・・・
朝、あまり車のない道を自転車で疾走するのが気持ち良いですよ~~。
危ないんですが、ipodでスラッシ~~な曲を聞きながら。
ザクザク進むわけです!!!!まるで、リフを刻むかのように。
たまにザクザクからユラリユラリとDUBな気分でのんびり進む。
こんな通勤、贅沢ですよね!!!いいだろ~~~!!!!

で、本題。

朝茶は福が増す
最近、この言葉を知りました。ご存知ですか?
(お茶屋にして、今まで知らなかったのは内緒の話で!!)
朝、茶を飲めば、その日一日のさまざまな災難を逃れることができるという意味みたいですが。
鶴粋庵でも、朝は皆でお茶を飲みます。
一人、コップ1杯のお茶を飲むんですが。朝のお茶1杯は良いです。
心が引き締まる感じがし、一日が始まる気がします。

特に我らが鶴粋庵社長が淹れるお茶は濃い!!!!
初めて飲んだ時は、その濃さにビックリしましたが。
今ではその濃さがないと、何故か寂しい気分になってしまう自分がいてるんですよね(笑)

朝茶は福が増す
その言葉を信じて、今日も明日。明後日も。そして何十年後も。
朝にお茶を飲みます。
皆さんも、お茶を飲むとは思いますが。
そんな言葉を知って飲むお茶は、また違う味がしてくるんじゃないでしょうか?

お茶のことわざを色んな人に、そして色んなお茶の飲み方を知って欲しいmorrisでした。
朝茶は福が増す  この言葉の響きに少しホッとして。今日も一日が始まっている。


終末日記
以前書いたように、ヤフオクであれから狙いの一品を落札しました!!!!
やったぜ!!!
余裕の落札でしたけどね。だって入札僕しか入れてないとゆう状態だったので。
さあ、明日も自転車通勤頑張ります~~~!!!!

DSCF9465-1




PR 鹿児島茶の専門店 鶴粋庵ネットショップ

にほんブログ村 グルメブログ お茶・紅茶へ にほんブログ村
↑↑↑ブログランキングに参加しています。応援クリックお願いします!

テーマ:雑学・情報 - ジャンル:学問・文化・芸術


新茶の発送が終りました。
こんにちは、ご無沙汰で忘れられたmorrisです。

かなり更新出来ずでした・・・・(泣)
それはね、理由があるんですよ・・・・理由があるんですよ。
言い訳がましいけど・・・・

理由。それは!!!!!

新茶の出荷作業で大忙しの日々でした。
それはもう大変。大忙しとゆう言葉がピッタリ。
しかし、ご予約頂いた皆さんには全て出荷致しましたので!!!
もう届いてる頃だと思います。
是非、贅沢な新茶の香りを楽しんでもらいたいです。

とゆう事で、全然更新できませんでした・・・・分かってもらえたかな???
しかも、個人的にこの大忙しの時に腰を痛めまして・・・・
かなり苦しかったです。
友人からは腹筋と背筋を鍛えなさいとお叱りを受けましたよ・・

今日から鶴粋庵は少し落ち着きを取り戻しました。




終末日記

個人的に最近ヤフオクが再熱気味です。
先日も終了間際に入札。入札件数も0だったので。
これはもらった」と余裕でネットゲームに精を出してたら。
あらら・・・・他の人に落札されてました・・・・(泣)
最後まで気を抜くなとゆう事ですね・・・・ホントこれには凹みました。
欲しかったな~あのLP!!!!(この無念さはMixiで発散しました!!)
まさか、まさか・・・僕以外にも入札する人がいたとわ・・・・・油断禁物!!!!
まあ、他にも狙ってる物がありますので。それは絶対落札してやります!!!!!
今日も決戦が待っている!!!!!と一人熱くなっているmorrisでした。



皆さん、新茶の香りと鹿児島の空気を感じてみて下さい。
今後も鶴粋庵を宜しくお願いします。
もしまだ届いてないお客様がいましたら、お手数ですがご連絡下さい。


DSCF9452.jpg



PR 鹿児島茶の専門店 鶴粋庵ネットショップ

にほんブログ村 グルメブログ お茶・紅茶へ にほんブログ村
↑↑↑ブログランキングに参加しています。応援クリックお願いします!

テーマ:紅茶、日本茶、中国茶、、ハーブティー - ジャンル:グルメ


先週の金曜日の夜 ~遭遇編~
こんばんわ。
久しぶりの更新ですが、今日はお茶の話でもなんでもないんです。

実は先週の金曜日の夜、街へ遊びに行ってました(汗)。
僕の家から街へ出るのに、市の火葬場のある峠を越えるのが一番の近道なのです。
で、当然そこを通りました。
勿論、自家用車で^^

で、さあ帰ろうかな…と車に乗り込み、やっぱり近道だからと火葬場の峠を通ったのが、

 23時48分

いつも通り慣れてるし、峠の下には墓地があるけれど、「霊感ないし~」とか思って全然怖くなかったワケですよ。
当然、この時間帯も経験ありました。
ええ、なんともなかったですよ。

 この時までは・・・

墓地を通り過ぎて、上りにさしかかりギアを2速、3速とシフトアップして、アクセルを踏み込む。
まあ、いつもの加速状態ですな。
街から峠へと続く上りは、ゆるく左にカーブしてるのですが、峠の頂点の手前で右にカーブするのです。
そのカーブで、ちょうど火葬場の入り口が見えるワケですが…

 いたんですよ

白い上下を着た女の子?みたいな男の子?みたいな…人が。

あのね、火葬場の峠道は深夜はほぼ暗闇。
右に折れるカーブでほんの飾り程度の外灯があるだけ。
だからたいてい、こんな深夜ではすれ違う車のないので、ライトはハイビームにするんですがね。
そのハイビームに照らされた先、ちょうど火葬場の入り口の端に佇んでる白い物体が見えたのです。
(標識!? いや、あんなとこに標識はなかったよなぁ…ん? 人か!?)
と半信半疑で入り口に近付いた。
近付くにつれて、その白い物体が…人が立っている姿に、物凄く酷似している事に驚愕を覚えた。
(なんで!? なんでこんな時間に人が立ってるんだ!?)

もうほとんど目と鼻の先、というくらいの場所で、僕はその人から目を離せずにいた。
髪型はおかっぱのような感じに見えた。
白い上下は、ハイビームのせいではっきりと分からなかった。
ただ色だけは白、と認識できた。
顔の特徴なんか…あれだけ目が離せなかったのに、覚えてないんだよ。
いや、数日経ったとか、そんな理由じゃない。
あり得ない時間に、あり得ない場所で、人を見た…という事で驚愕したんだと思う。
見た瞬間、鳥肌がたったしね。

峠の頂点を抜けた僕は、ややパニック状態のまま、後部座席をミラー越しに確認しながら、ガクガクしながら下り坂を走った。

その夜は、眠れなかった。
ハイビームに照らされても微動だにしなかった姿が…、どうもね。
人間っぽくなかったんじゃないか?とか思えてね。


PR 鹿児島茶の専門店 鶴粋庵ネットショップ

にほんブログ村 グルメブログ お茶・紅茶へ にほんブログ村
↑↑↑ブログランキングに参加しています。応援クリックお願いします!

テーマ:恐怖の体験話 - ジャンル:




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。