緑茶を美味しく淹れて楽しむヒント【お茶屋でいこう!】
茶和処 鶴粋庵

日本茶インストラクターのいる
鹿児島茶専門店

茶和処 鶴粋庵

おいしい鹿児島茶はココ!
http://www.kakusuian.jp/



プロフィール

茶和処 鶴粋庵

鹿児島茶・大分県産乾椎茸・
茶器・和雑貨など取り揃え、

佐伯の皆さまに愛されて40年。

お茶の鶴見園の直営店、
鶴粋庵のブログです。

お近くの方はぜひお店へ♪
日本茶インストラクターが
美味しいお茶をお淹れします!

大分県佐伯市長島町2-2-8
  TEL:0972-22-4361
  FAX:0972-24-2016

中の人 : nao/hama/morris



カテゴリ



♪お茶リンク♪



♪友達リンク♪



最近のコメント



FC2カウンター



携帯でもいこう!

QRコード



 



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



Where are you from?


ジオターゲティング





ためしてガッテンで特集された掛川のお茶と同じ製法の鹿児島茶

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



PR 鹿児島茶の専門店 鶴粋庵ネットショップ

にほんブログ村 グルメブログ お茶・紅茶へ にほんブログ村
↑↑↑ブログランキングに参加しています。応援クリックお願いします!

お湯の温度も自由自在♪
前のエントリー
「温度を調節すれば淹れたい味に淹れられる」
と書きました。

ではどうやって湯温を調節するか?が今日のテーマです。
温度が大事だから温度計が必要、なんてことはありませんよ(^^)

茶器に「湯冷まし」というものがあります。
湯冷まし
こういうもの。その名のとおり、お湯を冷ますための器です。

お湯の温度は器を移すたびに5~10℃下がります。
(器の素材や季節によって異なりますので大体の目安として覚えて下さい)
例えば、ヤカンで沸騰させた100℃のお湯を
ポットに移して95~90℃、そのポットから
そのまま急須に注いだ場合は約85℃、
冬場で急須が冷えていれば約80℃になります。

番茶などでカテキンを摂るにはよい温度ですが、
上級茶でテアニンを楽しむにはまだ少し温度が高いですね。
こういう場合に湯冷ましを使ってワンクッション置くと

ポット(約90℃)→湯冷まし(約80℃)→急須(約70℃)

と器を移すたびに温度が下がるので、
上級茶の適温まで温度を下げることができます。

「器から器にお湯を移すと5~10℃温度が下がる」

これを覚えておくだけでお湯の温度は自由自在です♪


…湯冷ましなんて持ってないよ!と怒らないで下さい(^^;
湯冷まし不要で一石二鳥、いや三鳥の方法は次回!!




PR 鹿児島茶の専門店 鶴粋庵ネットショップ

にほんブログ村 グルメブログ お茶・紅茶へ にほんブログ村
↑↑↑ブログランキングに参加しています。応援クリックお願いします!

テーマ:紅茶、日本茶、中国茶、、ハーブティー - ジャンル:グルメ




☆☆☆ 関連エントリ ☆☆☆
Loading



この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://yoakenokakusuian.blog36.fc2.com/tb.php/135-72e368eb



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。