緑茶を美味しく淹れて楽しむヒント【お茶屋でいこう!】
茶和処 鶴粋庵

日本茶インストラクターのいる
鹿児島茶専門店

茶和処 鶴粋庵

おいしい鹿児島茶はココ!
http://www.kakusuian.jp/



プロフィール

茶和処 鶴粋庵

鹿児島茶・大分県産乾椎茸・
茶器・和雑貨など取り揃え、

佐伯の皆さまに愛されて40年。

お茶の鶴見園の直営店、
鶴粋庵のブログです。

お近くの方はぜひお店へ♪
日本茶インストラクターが
美味しいお茶をお淹れします!

大分県佐伯市長島町2-2-8
  TEL:0972-22-4361
  FAX:0972-24-2016

中の人 : nao/hama/morris



カテゴリ



♪お茶リンク♪



♪友達リンク♪



最近のコメント



FC2カウンター



携帯でもいこう!

QRコード



 



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



Where are you from?


ジオターゲティング





ためしてガッテンで特集された掛川のお茶と同じ製法の鹿児島茶

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



PR 鹿児島茶の専門店 鶴粋庵ネットショップ

にほんブログ村 グルメブログ お茶・紅茶へ にほんブログ村
↑↑↑ブログランキングに参加しています。応援クリックお願いします!

湯冷ましがなくったって
前回「湯冷まし」という茶器を使って温度を調節する方法を書きました。
でも最近は急須の無い家庭が多いというのに、湯冷ましなんて無いでしょうね(^^;
ということで、今回は

「特別なものを使わずにお湯の温度をばっちり調節してア~ゲル♪」の巻。
ルネッサ~ンス♪

…失礼しました。

ではどうするか?お茶を飲むときに必ず使う「湯呑み」を使います。
hamaはマグカップのことが多いです(^^;
前回の例で言えば、湯冷ましの代わりに湯呑みを使えばよいだけ!
ポット(約90℃)→湯呑み(約80℃)→急須(約70℃)となります。
なにも特別なものは要りませんし、簡単ですね!

さらに湯呑みを使うことには他にも利点が♪
①「きっちり1杯分の量がわかる」
お湯が余ることも足りないこともありません。これ重要です。
②「ついでに湯呑みを温めることもできる」
湯呑みが冷えていると注いだときにさらに温度が下がります。
温めておけば飲みごろの温度をキープすることができるのです(^^)

これで湯冷ましがなくても大丈夫♪
自在な温度調節でお好みの味に淹れて下さい(^^)/



PR 鹿児島茶の専門店 鶴粋庵ネットショップ

にほんブログ村 グルメブログ お茶・紅茶へ にほんブログ村
↑↑↑ブログランキングに参加しています。応援クリックお願いします!

テーマ:紅茶、日本茶、中国茶、、ハーブティー - ジャンル:グルメ




☆☆☆ 関連エントリ ☆☆☆
Loading



この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://yoakenokakusuian.blog36.fc2.com/tb.php/137-7d514901



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。