緑茶を美味しく淹れて楽しむヒント【お茶屋でいこう!】
茶和処 鶴粋庵

日本茶インストラクターのいる
鹿児島茶専門店

茶和処 鶴粋庵

おいしい鹿児島茶はココ!
http://www.kakusuian.jp/



プロフィール

茶和処 鶴粋庵

鹿児島茶・大分県産乾椎茸・
茶器・和雑貨など取り揃え、

佐伯の皆さまに愛されて40年。

お茶の鶴見園の直営店、
鶴粋庵のブログです。

お近くの方はぜひお店へ♪
日本茶インストラクターが
美味しいお茶をお淹れします!

大分県佐伯市長島町2-2-8
  TEL:0972-22-4361
  FAX:0972-24-2016

中の人 : nao/hama/morris



カテゴリ



♪お茶リンク♪



♪友達リンク♪



最近のコメント



FC2カウンター



携帯でもいこう!

QRコード



 



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



Where are you from?


ジオターゲティング





ためしてガッテンで特集された掛川のお茶と同じ製法の鹿児島茶

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



PR 鹿児島茶の専門店 鶴粋庵ネットショップ

にほんブログ村 グルメブログ お茶・紅茶へ にほんブログ村
↑↑↑ブログランキングに参加しています。応援クリックお願いします!

淹れたお茶にホコリが!?
お茶を淹れて、「さぁ、飲みましょう」という時に、ホコリの様なモノが浮いているのに気づいたことはありませんか?

刻乃蔵に浮かんだ新茶の証、毛茸(もうじ)
(画像は鶴粋庵の秋冬限定茶、刻乃蔵です)


掬い取ってから飲んでいた、という人の話を聞いたこともありますが、その正体は「毛茸(もうじ)」と呼ばれる、お茶の新芽の裏側に生えている「うぶ毛」です。

この毛茸は、葉の生長が進み、葉が硬くなるにつれて無くなっていくものなので、淹れたときに毛茸が浮くお茶は、若い柔らかな新芽が原料の上等なお茶、ということになります。

もちろん飲んでも害はありませんし、上等なお茶の証ですから、掬い取ったりせずにそのままお飲み下さい。


鶴粋庵の新茶や、天飛天高天舞といった上級茶にももちろん毛茸が浮きますが、新茶を氷温冷蔵した「刻乃蔵(ときのくら)」にも、上の画像のように新茶の証、上級茶の証である毛茸がしっかり浮きます。ぜひお買い求めいただいて、ご自身の目でお確かめになってみて下さい。

あなたが普段飲まれるお茶、毛茸が浮いていますか?



PR 鹿児島茶の専門店 鶴粋庵ネットショップ

にほんブログ村 グルメブログ お茶・紅茶へ にほんブログ村
↑↑↑ブログランキングに参加しています。応援クリックお願いします!

テーマ:コレ知ってる? - ジャンル:ライフ




☆☆☆ 関連エントリ ☆☆☆
Loading



この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://yoakenokakusuian.blog36.fc2.com/tb.php/216-7e03be5b



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。