緑茶を美味しく淹れて楽しむヒント【お茶屋でいこう!】
茶和処 鶴粋庵

日本茶インストラクターのいる
鹿児島茶専門店

茶和処 鶴粋庵

おいしい鹿児島茶はココ!
http://www.kakusuian.jp/



プロフィール

茶和処 鶴粋庵

鹿児島茶・大分県産乾椎茸・
茶器・和雑貨など取り揃え、

佐伯の皆さまに愛されて40年。

お茶の鶴見園の直営店、
鶴粋庵のブログです。

お近くの方はぜひお店へ♪
日本茶インストラクターが
美味しいお茶をお淹れします!

大分県佐伯市長島町2-2-8
  TEL:0972-22-4361
  FAX:0972-24-2016

中の人 : nao/hama/morris



カテゴリ



♪お茶リンク♪



♪友達リンク♪



最近のコメント



FC2カウンター



携帯でもいこう!

QRコード



 



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



Where are you from?


ジオターゲティング





ためしてガッテンで特集された掛川のお茶と同じ製法の鹿児島茶

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



PR 鹿児島茶の専門店 鶴粋庵ネットショップ

にほんブログ村 グルメブログ お茶・紅茶へ にほんブログ村
↑↑↑ブログランキングに参加しています。応援クリックお願いします!

湯~~こぼしでいってみよう
こんにちは、夜更かし厳禁継続中のmorrisです。

前回、お知らせしました「湯こぼし」を今回は紹介させて頂きます。

まず、「湯こぼし」とは?
抹茶やお茶などを淹れる際に、茶碗をすすいだ湯や水を捨てる器物です。
正式には建水と呼ばれているらしく、湯こぼしやこぼしとも言われる事もあるそうです。
建水と呼ばないとダメとゆう事はないみたいで。人によって呼び方が変わっているみたいですね。

ここでは、あえて湯こぼしと呼ばせて頂きましょう。

あるお方からのリクエストがありまして。
鶴粋庵で現在取り扱っている「湯こぼし」を紹介します!!!!!

鶴粋庵では陶器での湯こぼしを置いてます。
柄が可愛らしく、お湯をこぼすだけに使うのはもったいない感じがします。
例えば、小物入れや車や家の鍵入れなど。工夫次第で色々使えると思いますね。
じゃお湯を捨てるだけなら、他の器でもいいんじゃないの?とゆう疑問も出てきそうですが。
しかし、しかし、しかしですね。
所詮はお茶、されどお茶です。日本の文化です。日本茶、茶道などの文化が根付いてるんです。
ここで、湯こぼしを用意し。お茶を淹れてみる。少しばかりの工夫でお茶の世界が広がるんですよ!!
たまには、こうやってお茶を淹れてみるのもいいんじゃないかなと思うんですよね。
DSC00007-1.jpg


後、もう一つ。これは茶道セットを鶴粋庵に置いてあるんですけど。
そのセットの中の湯こぼしです。
これまたお湯を捨てるだけに使用するのはもったない感じがしますけど。
でも、これは色、そして艶がいい。艶かしくて、見てるだけでウットリしてしまいそうで。
お部屋に飾ってるだけで絵になりそうです。
DSC00009-1.jpg

DSC00010-1.jpg

今回は2点ほどご紹介させて頂きましたが、どうだったでしょうか?
湯こぼしだけでも、かなりの種類があります。皆さんのお目にかかれば良いのですが・・・・

まあ、こうやって色々自分でも調べてみたりすると。お茶の世界って広いんですね。奥が深い。
まだまだ、修行の身なので。分からない事ばかりですが・・・・奥の深さにお手上げです。
レゲエの奥の深さと同じような気がします。

また、これからも茶器はご紹介していきます。
リクエストなど、ご要望もお待ちしていますので。是非、コメント頂けると嬉しいです。

さあ、全国45万人の鶴粋庵ファンは満足してくれましたか???
してませんよね~~~。
さあ、次回は何をご紹介いたしましょうか。

DSC00010-7.jpg



PR 鹿児島茶の専門店 鶴粋庵ネットショップ

にほんブログ村 グルメブログ お茶・紅茶へ にほんブログ村
↑↑↑ブログランキングに参加しています。応援クリックお願いします!

テーマ:和風、和物、日本の伝統 - ジャンル:趣味・実用




☆☆☆ 関連エントリ ☆☆☆
Loading



この記事に対するコメント
待っていました!ありがとうございます。
例の(金製の)建水が出ると思っていましたが、随分上品なものが出てきて驚き(!)です

色がポイントのようですね。
こぼすのですから、水色が絵の具のように段々混ざってくるのは当然。
それを白磁の器では汚い感じになってしまいます。
当地の焼き物で、濃い緑や赤があるので、それを手に入れてもいいですね。
家にアンティークのアールヌーボーの赤い器があるのですが、これを使ったら持ち主怒るだろうなーと失笑しました。
街歩きの楽しみが増えました。
【2008/02/06 18:11】 URL | くまりん #- [ 編集]

45万人のうちの一人、おまつです。
こんちは!

こんなのがあるなんて、初めて知りました。
お湯を入れるだけなのにこんなステキな入れ物を・・・
昔の人は、こういう遊び方をちゃんと心得てたんですね~。
今はモノが溢れてる時代なんで、どこで侘び寂びを感じるかもわからなくなっちゃってる感がありますが。

これにカップヤキソバのお湯捨てたら、バチあたるかな?

で、お茶の道具系で昔から抱いてる素朴な疑問があります。
茶筒って、なんか桜の木の模様が多くありませんか?
あれってなんででしょう?
【2008/02/07 09:32】 URL | おまつ #- [ 編集]

桜の木? そうですか?
桜の木の皮ではなくて?

桜は日本人としてはいつも眺めていたい花
ということかしら。
日本茶グッズはここ数年で集めているので、無地のものなど選んでいて、桜の木の茶筒というイメージがありません。
気をつけてみてみますね。
【2008/02/07 21:06】 URL | くまりん #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://yoakenokakusuian.blog36.fc2.com/tb.php/63-6bc7a6a4



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。