緑茶を美味しく淹れて楽しむヒント【お茶屋でいこう!】
茶和処 鶴粋庵

日本茶インストラクターのいる
鹿児島茶専門店

茶和処 鶴粋庵

おいしい鹿児島茶はココ!
http://www.kakusuian.jp/



プロフィール

茶和処 鶴粋庵

鹿児島茶・大分県産乾椎茸・
茶器・和雑貨など取り揃え、

佐伯の皆さまに愛されて40年。

お茶の鶴見園の直営店、
鶴粋庵のブログです。

お近くの方はぜひお店へ♪
日本茶インストラクターが
美味しいお茶をお淹れします!

大分県佐伯市長島町2-2-8
  TEL:0972-22-4361
  FAX:0972-24-2016

中の人 : nao/hama/morris



カテゴリ



♪お茶リンク♪



♪友達リンク♪



最近のコメント



FC2カウンター



携帯でもいこう!

QRコード



 



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



Where are you from?


ジオターゲティング





ためしてガッテンで特集された掛川のお茶と同じ製法の鹿児島茶

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



PR 鹿児島茶の専門店 鶴粋庵ネットショップ

にほんブログ村 グルメブログ お茶・紅茶へ にほんブログ村
↑↑↑ブログランキングに参加しています。応援クリックお願いします!

明日が
ども、こんにちわ。
naoです。
ようやく気温も暖かくなってきましたね。
実は今朝、屋外で飼育している『らんちう』が産卵していました!
僕的にはこれが始まって、春という感じです。

さて、春と言えばお茶も新茶の時期になりつつあります。
「夏も近づく八十八夜」という歌のとおり、八十八夜を越えて新茶が世に出てくるものと…。
実際、あの歌は静岡で採れるお茶をテーマに歌っているようなんで、うちの取り扱う鹿児島茶はも少し早いです。
八十八、「米」を分解すると八十八ともなりますね。
いやぁ、先人達の教えにはいろんな意味が隠されていて、面白いものですね。

で、新茶なのですが、今年も新茶を取り扱います。
今はその準備にとりかかっています。
そのために記事の更新がおろそかになっている、という訳でもあります。

ところで花粉症、皆様は大丈夫ですか?
ひどいアレルギーに悩まされるようですね。
僕は花粉症ではないので、その苦しさが分からないのですが…。
しかしその苦しみを多少なりとも和らげるお茶もあるのです。
べにふうき」、これがそう言われているお茶です。
味はかなりクセのある味ですよ。
「まずい」と思う人もいると思いますし、僕もこれを「美味しいですよ!!」と奨められませんw
でもアレルギー症状を和らげて、けっこう体も楽になるみたいです。

今日は、少しお茶の話をしたかな!?



PR 鹿児島茶の専門店 鶴粋庵ネットショップ

にほんブログ村 グルメブログ お茶・紅茶へ にほんブログ村
↑↑↑ブログランキングに参加しています。応援クリックお願いします!

テーマ:独り言 - ジャンル:日記




☆☆☆ 関連エントリ ☆☆☆
Loading



この記事に対するコメント
こんにちは。
ここのところ、新芽の画像を拝見する機会が増え、新茶シーズンに向けワクワクしてきました。とはいえ、少し気持ちの高まりがいまひとつなのは、ここは外国ということ。
当地でも諦めず探します。かなり根気のいる作業になりそうです。
ところで、前回の記事タイトル、「週末」日記でしょうか?「終」だと、ちょっとビクっとします...。
【2008/03/13 16:52】 URL | TTDK #- [ 編集]

TTDKさん>週末と終末をかけてあのタイトルにしました。このブログの終とかではないので、ご安心を。(笑) ただ、友人にはお茶屋のブログであのバンドはないやろ~とメールが来て、結構凹みました。もう、これから先あの手の音楽は紹介する事ないと思います(泣)mixiでは頻繁にしてるので、そちらでします・・・・
新茶の時期がやってきます。その前にする事がまだ色々あり、最近バタバタです。
新茶情報もまたUPしていきますので!!!
【2008/03/13 17:11】 URL | morris #- [ 編集]

TTDKさん、コメントありがとうございます。
新芽の画像、マクロで撮りたいですねぇ^^
以前、鹿児島のお茶農家さんに研修に行った時、お茶畑をロールスロイスが走る…と聞いて、「そんなに儲かるの!? 僕もお茶を栽培しようかなぁ」と軽く言ったら、「お茶を育てるのに8年かかるので、あなたはまずムリです」と、バッサリ切り捨てられましたorz
いろんな土地で栽培されるお茶というのも、興味がありますね^^
土がとても重要なポイントのひとつだから、その土地で採れるお茶の味も、趣のあるものになって非常に面白いと思います。
もしかしたら、その土地の人たちにすごく受け入れられたり、とかあるかもしれないですよね。

ちなみにmorris氏は、脳内ハルマゲドン状態なので「終末」的なんですww
【2008/03/13 23:10】 URL | nao #- [ 編集]

あの・・・

記憶が定かではないんですが・・・

ええ、きっと記憶がないだけで、誤ってる認識だと思うんですが・・・

ええ、ええ、絶対間違ってるはずなんですが・・・


naoさんのお茶記事って初めてなような気がする・・・ボソッ
【2008/03/14 10:38】 URL | おまつ #- [ 編集]

ええ、初めてですよ!!!?
多分・・・・天舞の記事あったような気がしますけど。多分、気のせいでしょう(笑)
【2008/03/14 10:50】 URL | morris #- [ 編集]

おまつさん、コメありがとうございます。

お茶記事ですか?
今月は初めてですねww
【2008/03/14 11:56】 URL | nao #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://yoakenokakusuian.blog36.fc2.com/tb.php/83-472078e1



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。